t’way(ティーウェイ)航空とは

t’way(ティーウェイ)航空とは?

ティーウェイ航空(tway航空)とは、韓国では最初に設立された格安航空会社(ローコストキャリア)です。
日本には2011年12月20日、韓国(仁川)・福岡路線に就航を開始し、約1時間20分で日本と韓国を、格安な料金で行き来できるようになりました。
機材は、日本の大手航空会社をはじめ数多く採用されているベストセラー機Boeing737-800を採用し、白いボディに赤と緑の尾翼、サイドに大きく描かれている「t’way」のロゴが特徴的な機体です。

pht_twayairline

t’way(ティーウェイ)航空のサービス

2010年度、韓国LCC5社の顧客満足度調査(韓国消費者院調べ)にて、6部門中 5部門のTOPを獲得し、またティーウェイ航空(tway航空)は、格安航空会社にもかかわらず、飲み物や軽食などの機内サービスが一部無料であったり、機長のユニークなアナウンスやバレンタインデーやクリスマス等のイベント・サービスも取り入れています。 格安航空会社であっても、お客様に出来る限り快適に、また親近感持ってもらえるよう力を入れていおり、格安航空会社として就航して間もないですが、リピーターのお客様も増えています。
韓国へ旅行・訪問の際は、格安航空券のご購入に是非当社をご利用くださいませ。

pht_twayservice

格安航空会社(ローコストキャリア・LCC)とは?

1990年代以降、東南アジアでは急激な経済成長と、各国の積極的な航空自由化により、急速に格安航空会社が普及しはじめ、日本でも2007年に格安航空会社であるジェットスター航空が運航を始めたのが最初です。
航空券のネット直販や機内サービスの軽減化、利用する機材を同一のものにすることによりパイロットの効率の良い運行を可能にする、低利用空港の利用などで経費を削減し、徹底的な経営努力の元、格安航空券を販売する航空会社のことです。

pht_twaystaff02

格安航空会社(ローコストキャリア・LCC)の最近の動向

日本国内でも格安航空会社がニュースに上がることも多くなり、交通手段の選択肢としても身近になってきています。
また、近年の韓流ブームで韓国を訪れる人が急増し、韓国の格安航空会社が日本の就航に次々と新規参入・増便し始めています。
現在、韓国の格安航空会社は主に5社がしのぎを削っており、日本人の利用者も増えてきています。

pht_twaystaff01

t’way(ティーウェイ)航空は様々な事に挑戦中!一部をご紹介!


【tway航空 CM】やすか券販売時


乗組員のスタイル(t’way air cabin crew style)(江南スタイルパロディ)