手荷物許諾量(重量制)

第1節無料手荷物許容量

第一部:受託手荷物

1.受託手荷物許容量は以下のとおりとする。
  1. ⅰ)エコノミークラスにて旅行をする権利を有する旅客に対しては15キログラム
  2. ⅱ)座席を有する権利の無い幼児に対しては10キログラム
  3. 上記a)に関わらず、座席を有しない幼児に対しては、完全折りたたみ式小児用乳母車、又は手押し車、又は幼児の携帯用ゆりかごのいずれか1台が認められる。ただし、かかる物品はきないに空間がある場合には機内持込手荷物に含める事が出来るものとする。
a)上記1)の受託手荷物許容量に加え、身体障害者については、当該旅客が使用する車椅子1台及び/もしくはその他の補助器具が無料で認められる。
3)手荷物1個あたりの大きさ3辺の和が203センチメートル以上、70ポンド(32キログラム)を超えるいかなる手荷物/品目も受託手荷物として運送しない。

第2部:機内持込物品

この決議に定める受託手荷物許容量の他に、各旅客は、手荷物として天井収納棚、もしくは座席の下に納まるような、ティーウェイ航空会社が明示する大きさの最大限の携行品を無料で携行することが出来る。ただし、それぞれ縦56センチメートル(22インチ)、横45センチメートル(18インチ)、高さ25センチメートル(10インチ)、及び大きさの最大限(機内持込品の3辺の和の合計)は115センチメートル(45インチ)を超えないものとする。
かかる大きさには車輪、取っ手及びポケットを含める。

第2節:超過手荷物料金

1.受託手荷物許容量を超える手荷物に対しては、1キログラム当たりにつき日本発は800円、韓国発は7,000ウォンの料金を課すものとする。

第3節:特別手荷物料金

1.追加座席を使用する受託されない手荷物
  1. a) ティーウェイ航空会社は料金を支払い、事前に手続きをすることを条件に、高価な又は易損品であるために、旅客が機内に持ち込みを希望し、座席の取り外し又は、追加座席を使用するような手荷物を運送することができる。
  2. b) かかる手荷物によって使用される座席の料金は、その座席を使用する旅客が追加座席を予約する時点で適用になる運賃である。
  3. c) 包括旅行運賃、小児運賃、あるいは配偶者割引運賃、代理店割引運賃、船員割引運賃のような割引運賃は対象とならない。
  4. d) この座席手配における手荷物の最大重量は、座席1席あたり75Kgを超えてはならない。
  5. e) 旅客の受託手荷物許容量は、当該規定により増加するものではない。
2.ゴルフ用具
  1. a) 第b)項に従う事を条件に、ティーウェイ航空会社は1つのゴルフ・バッグに州のされた、ゴルフ靴1足を含むゴルフ用具に対する特別超過手荷物料金を、下記の条件に従って設定することが出来る。
    • ⅰ)料金は、6キログラムの超過手荷物に対する適用率とする。
    • ⅱ)かかる料金は、上記の物品が旅客の支払ったクラス・サービスに対し認められる通常の受託手荷物許容量に含まれない場合に限り、これを適応するものとする。
    • ⅲ)上記の物品が当該受託手荷物許容量に含まれる場合、かかる繰り入れの結果生じる超過重量分に対しては、上記特別料金及び通常手荷物料金のいずれか定額の料金を課すものとする。
  2. b) ゴルフ用具の15キログラムを超える重量分に対しては、第2節に定める通常の超過手荷物料金を適用しなければならない。
3.スキー/水上スキー用具
  1. a)ティーウェイ航空会社は、スキー/水上スキー1台、ストック1対、スキー靴1足からなるスキー用具一式、スノーボード1台/スノーボード靴1足からなるスノーボード用具一式、一般用または競技用水上スキー用具一式に対する特別超過手荷物料金を、下記の条件に従って設定することが出来る。
    • 料金は3キログラムの超過手荷物に対する適用率と等しいものとする。
    • かかる料金は、上記の物品が、旅客の支払ったクラス・サービスに対し認められる通常の受託手荷物許容量に含まれない限り、これを適用するものとする。
    • 上記の物品が当該受託手荷物許容量に含まれる場合、その結果生じる超過重量分に対しては、上記特別料金及び通常手荷物料金のいずれか定額の料金を課すものとする。
  2. b) この料金は、ⅰ旅客につき、上記物品一式のみの運送を行う場合に適用できる。上記の一式を超える他のあらゆるスキー/水上スキー用具については、第2節に定める通常の超過手荷物料金を適用しなければならない。
4.魚釣り用具
  1. ティーウェイ航空会社は、釣り道具箱又は雑嚢又は釣り用かご1つ、及び釣りざお、あるいはかばん、あるいは箱一つの中に入れられた釣り用具一式に対する、英国・アイルランド間の特別超過手荷物料金を、下記の条件に従って設定することが出来る。
    • 料金は、4キログラムの超過手数料に対する適用率と等しいものとする。
    • かかる料金は、上記の物品が、旅客の支払ったクラス・サービスに対し認められ る通常の受託手荷物許容量に含まれない限り、これを適用するものとする。
    • 上記の物品が当該受託手荷物許容量に含まれる場合、その結果生じる超過重量分に対しては、上記特別料金及び通常手荷物料金のいずれか低額の料金を課すものとする。
  2. c)魚釣り道具の15キロを超える重量分については、第2節に定める通常の超過手荷物料金を適用しなければならない。
5.サーフボードならびにウィンドサーフィン用具(南西太平洋及び発着は適用外)
サーフボードならびにウィンドサーフィン用具は、当該受託手荷物許容量には含まず、下記の通り算定される。
  1. 109インチ(277センチ)未満のボード1台につき、5キログラムの超過手荷物に対する適用率とする。
    109インチ(277センチ)以上のボード1台につき、8キログラムの超過手荷物に対する適用率となる。
  2. 追加となるボードについては、適用可能な超過手荷物料金が適用される。

第4節:超過手荷物料金の計算

  1. 超過手荷物料金を計算する場合、販売通貨で表示される適切な片道運賃に以下の規則が適用される。